• ダンボール箱の厚みの種類

    ダンボール箱は商品を運ぶ際に広く用いられているものですが、それぞれ目的に応じて厚みに違いがあります。


    ダンボール箱の厚みの規格は、基本的には表側と中芯それに裏側の3層からなっており、中芯が波のように折れ曲がるように挟み込まれていることで一定の弾力と強度を持たせているものです。

    ダンボール箱情報について詳しく解説しております。

    これらの種類はフルートと呼ばれており、一般的に使われているものはAフルートと呼ばれ厚さは5mm程度のものになります。

    Bフルートは3mm厚で軽量物や小型の宅配箱などに使われていますが、中芯の波が短くなっています。
    ダンボール箱もあり、この場合には普通のボール紙による箱よりも強度が求められる時に使われますし、さらに重量物を運ぶために2層式としているものもあります。



    ダンボール箱の厚みの標準的なサイズは5mmとなっていますが、実際には梱包される商品によってその厚さは変わってくるもので、特に重量物になると2層式のものが広く使われます。



    ただ、厚みのあるものほどコストが高くなりますし、ダンボールそのものの重量も増えることになります。
    これらはオーダーメイドで作ることが可能で、専門に行なっている業者に依頼すれば様々なサイズのものを作ることが可能です。
    また表面の材質を工夫することによって水に強いものにすることができますし、また紙だけでなくプラスチック素材でも作ることができ、プラスチック製のものであればそれまでの紙になった耐水性と強度をもった箱を作ることができます。