敏感肌の化粧品で人気なのが、肌に優しく、しっかり保湿できるもの、オールシーズン使えるものです。中でも、セラミドが入っている製品は特によく選ばれています。セラミドとは、角質細胞同士をつなぎとめ、隙間を作らないようにしている細胞間脂質と呼ばれる物質のひとつです。細胞間脂質の約半分がセラミドで、数種類に分類されて異なる働きをしています。

セラミドが十分な肌は、肌バリアもしっかりとしており、みずみずしい素肌を保つことができます。化粧品でよく使われるのが、動植物から抽出した天然セラミドや植物性セラミド、そして酵母から生成されるヒト型セラミドです。ヒト型セラミドは、人間の体に存在しているセラミドと構造が似ているため、肌に優しいとされています。人気の敏感肌用化粧品は、このヒト型セラミドが使われているものが多く、肌への配慮が伺えます。

合成セラミドというものもあり、大量生産ができて安価なのでよく使われていますが、やはり敏感肌であれば、ヒト型セラミドを配合した製品がおすすめです。ヒト型セラミドは、セラミドの後に「セラミド1」や「セラミド3」のように番号がついていますので、わかりやすいです。敏感肌用化粧品で人気があるのは、セラミドの他にもヒアルロン酸やコラーゲン、リピジュアなどの保湿成分がたっぷり使われているものです。保湿が敏感肌にとっていかに必要で大切かということがよくわかります。

また、肌の状態は季節によって変わりますが、保湿効果が安定していて、オールシーズン使える化粧品はやはり不動の人気です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *