潤いのある肌を手に入れたいと考えた時、有効な成分の一つが、保水力が高いヒアルロン酸です。ヒアルロン酸が配合された化粧水を使えば、肌に潤いを与える事が出来ます。ですが、持続力はそれ程ない為、肌自体に完全に潤いが戻るというよりも、一時的に潤いを戻すという状態になります。本格的に、肌の潤いを取り戻したいと考えた場合、ヒアルロン酸と同時に、セラミドの摂取を考える事がお勧めです。

ヒアルロン酸の効果は、一時的なものとなりやすいのに対し、セラミドというのは肌に細胞間脂質を作っていく働きがあります。細胞間脂質というのは、肌細胞と肌細胞の間に存在するもので、そこに水分や油分を溜め込む働きがあります。この細胞間脂質が多ければ、溜め込む事が出来る為、常に潤いのある肌を維持しやすい状態となります。ですから、ヒアルロン酸で、肌を潤すと同時に、セラミドが配合された化粧水等を使い、肌の中の細胞間脂質を増やしていく事を考える事がお勧めです。

それにより、常に良い潤いがある肌を作りやすくなります。足りない水分は、外側から補えばそれで良いと考える人は少なくありません。ですが、本当に、潤いのある良い肌を作りたいと考える場合、水分を溜め込みやすい肌を作るように意識しておく事がお勧めです。それにより、化粧水をつけた直後のみ、潤いが戻る肌ではなく、常によい潤いがある肌へと変わっていく事になります。

潤いのある肌になりたいのであれば、セラミドにも注目をしておく事がお勧めです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *