セラミドやヒアルロン酸配合のスキンケアは、乾燥肌の人にとっては救世主といわれています。同じ保湿でもその違いはどこにあるのでしょうか。セラミドは、もともと私達の肌の角質層にある脂質です。肌の奥で生成され、それが表面に移動することで、潤いとツヤが生み出される仕組みです。

私達の細胞一つ一つにセラミドがあり、適度な水分と油分を抱え込んでいますが、年齢が上がるにつれて減少していくため、肌の老化や乾燥が引き起こされるというわけです。セラミド配合の化粧水は、角質層まで浸透しますので、補うことで潤いをチャージすることが可能です。また、「水溶性」のものは、通常皮膚の奥には浸透せず、表皮で留まります。一方、脂質は、角質層まで浸透していく性質があるので、一定の効果を期待するなら、美容液やオイルなどで、スペシャルケアを行ないましょう。

コラーゲンやヒアルロン酸は、一般的に分子が大きく角質層には浸透しないと言われています。ヒアルロン酸の化粧水は、水分を何千倍も抱え込み、非常に高い保湿効果がありますが、角質層の奥まで浸透しているわけではなく、あくまでも表皮を潤し、保湿することが働きです。ヒアルロン酸配合のとろみのある化粧水を塗ると、まるでビニールの膜ができたように感じますが、これは浸透しているというかは、潤いの膜を作り保湿していると考えるほうが良いでしょう。セラミドもヒアルロン酸も、高い保湿力を持ち、アンチエイジングには効果がありますので、必要に応じて両方取り入れてみるのがオススメです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *