肌が乾燥しやすい状態になると、ニキビや吹き出物が出来やすくなり、化粧品をつけると、ピリピリした刺激を感じやすい敏感肌になることがあります。これは肌に含まれていた美容成分の減少により、肌のバリア機能が衰えたため、外界からのさまざまな刺激に過敏に反応しやすくなったからです。紫外線や花粉、埃など、肌に負担を与える要素はたくさんあるので、外界からの刺激に負けない肌になりたいなら、セラミドを配合した化粧水を選ぶことをおすすめします。セラミドは人間がもとから持っている美容成分のことで、細胞間脂質の約40%を占め、お肌に水分を蓄える役割がありますが、年齢とともに減少するため、それが原因で肌が乾燥しやすくなってしまうのです。

経口摂取などでは、体内で体の中から作り出せない成分なので、セラミドが減少した場合は、化粧水で補う必要があります。セラミドには、馬などの動物から抽出された天然の高価なものや、米ぬか油や小麦胚芽油などから抽出された植物由来によるもの、バイオの力で酵母を利用して生成されたヒト型のもの、合成類似品により作られたものの4種類があります。天然ものは高すぎますから、おすすめなのは植物由来で作られたものと、ヒト型のものの2種類になります。合成類似品はあくまでセラミドと似たようなものというだけなので、保湿効果についてはあまり期待は出来ません。

化粧水を購入するときは、よく調べてから選ぶようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *