肌の表面の下には角質層というものがあります。この角質層に含まれているのがセラミドで正常な肌の状態であれば、この角質層が肌に潤いを与えてくれます。この成分は、保水能力に非常に優れていて私たちの肌を乾燥から守ってくれます。しかし、外出時に乾燥したりする外的要因とストレス、寝不足などの内的要因から、このセラミドが上手く機能しなくて、保水力を失うと乾燥肌になってしまいます。

私たちは、汚れや皮脂の除去に洗顔を行います。この洗顔そのものが肌を乾燥させる原因です。しかし、洗顔はしなくてはいけないものです。ニキビや毛穴の開きなど色々な症状が出るからです。

そこで重要なのが化粧水です。洗顔後の乾燥した素肌に水分を与えて、潤いを保ってくれます。特にこの化粧水にセラミドが配合されていればより一層肌の潤いが増します。減ってしまった角質層のセラミドを補給して、また天然の肌の潤いが出ます。

セラミドの成分は、それ自身がくっつく習性があるため保湿能力が発揮できます。乾燥肌の人には、不可欠なもので、日ごろのスキンケアに取り入れるべきです。この成分は、老化とともに減少していきますので年齢が高いほど必要とされています。成分は、植物性のものより、人間の肌に近い人型のものがいいでしょう。

肌と同じような成分の為浸透率がいいのです。化粧水は、どうしても気になるところに集中して塗りがちですが顔中にまんべんなく塗るのがコツです。大量に出さずに、適量を手の平に載せてじっくりと伸ばすように塗ります。このスキンケアをすると乾燥肌が改善されてきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *