肌を保湿するための化粧水は数多く販売されています。最近、肌の角質層にある細胞の間の皮脂の主成分である、セラミドが配合された化粧水が注目されています。肌の表面で肌を守る、バリア機能を担う重要な成分です。皮脂や角質は水分が蒸発しないように保湿の役割をしますが、生活環境や生活習慣、加齢とともに傷がつくことで回復が遅れ、バリア機能が失われます。

そうなると乾燥肌になってしまいます。さらに乾燥肌が進むと、セラミドが不足し、傷んでしまった肌から細菌や汚れが入り込んでしまいます。この状態が進行しているのがアトピー性皮膚炎といわれています。セラミドが不足してしまうと、乾燥肌や肌荒れが進行してしまいます。

ですからこの成分が配合されている化粧品など、外側から補うことで潤いのある肌をキープすることが必要になってきます。いろいろなセラミドの種類がありますが、おすすめなのは動物由来のものです。馬などの動物の脳や骨髄などから抽出したもので、人間の角質層にある細胞脂質とよく似ており、保湿力が優れているといわれているからです。また、乾燥肌、敏感肌、肌トラブルが多い人にも利用できる化粧品として開発されています。

セラミド自体は水に溶けない成分なので、水ベースの化粧水よりも、ジェル状になった美容液などの化粧品で利用するのがおすすめです。また、保湿力をさらにアップするヒアルロン酸やコラーゲン成分も配合された商品も人気です。ロダンフィールズのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *