多くの女性がロダンアンドフィールズと聞くと、乳液や化粧水といった基礎化粧品を販売する会社だとイメージされることでしょう。この会社は1968年にアメリカ合衆国カリフォルニア州で設立され、世界で初めて基礎化粧品を開発したところです。会社の名前は設立に携わったアメリア・ロダンと、ジェシカ・フィールズという2人の女性の姓に由来します。この2人はアメリカの名門大学・カリフォルニア州立大の薬学部の同級生でした。

ロダンアンドフィールズを設立するに至ったのは、当時のアメリカでは化粧品というと合成着色料をふんだんに使ったものが多く、それが原因で肌荒れを起こす女性が非常に多かったことに起因します。アメリアとジェシカも化粧品で肌荒れを起こしており、薬学知識を駆使して如何にして肌に悪影響を与えない化粧品が作れるのかと研究していたほどです。大学卒業後も2人の研究は続けられ、これによりロダンアンドフィールズという会社兼研究所が設立されるに至りました。1970年に第1号となる化粧水が販売されますが、この化粧水はサボテンの樹液から製造された完全な天然由来成分で合成着色料が一切使用されていないのが特徴です。

肌が荒れないということで瞬く間にアメリカからフランス・イギリスでも愛好家があらわれ、日本でも1974年から販売なされるようになります。高度経済成長期と重なり、日本では年間約400万本もの高いセールスを記録する化粧品となって、現在でも幅広い年代の女性に支持されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *